【自社自動車整備工場|原一探偵事務所の専門装備】

板金加工のできる工場を併設

自動車工場写真

【埼玉の本社ワキに併設された整備工場】

 

原一探偵 基本料金50%OFFはコチラ

 

整備工場まで自前で持つ唯一の探偵社

原一探偵事務所の本社は埼玉県川越市にあり、その周辺の4つの駐車場に100台以上の自社車両を保有しています。

 

都心から1時間もかかる片田舎にわざわざ本社を置いているのは、安い車庫スペースを確保するためです。

 

そして本社ビルに隣接して自前の自動車整備工場を持っており、そこで自社車両を整備しています。

 

さて、車両尾行というものは、ターゲットと同じスピードでただ後ろからついて行くようなものではありません。

 

そんな素人みたいなやり方ではすぐにバレてしまいます。

 

間に車を入れて離れた後で追いついたり、チーム車に監視させながら急いで先回りをしたり、いろいろなテクニックを使うのです。

 

こうした運転は車に大きな負担をかけます。

 

その台数が100台を超えるとなると整備費も大きなものになってきます。

 

車両の不調で調査に支障をきたすようなことは、万が一にもあってはなりません。

 

そこで自前で工場を持って整備しているのです。

 

一方でこの工場は一般の方の車の整備も請け負っており、自社車両の整備が少ない時はそれで稼ぎます。

 

自前の工場を持つことが逆にコスト増になってしまわない工夫もちゃんとされているのです。

 

こんなことをしている探偵社はほかにはありません。

 

自動車工場写真

【上掲写真: 少し奥にはいったところ】

 

自動車工場写真

【工場入り口外の右手: 自社バイクも整備】

 

自動車工場写真

【内部風景: 本格的な自動車整備工場】

 

板金加工可能!探偵仕様車への改造も

この工場は板金加工も可能な本格的な整備工場です。

 

張り込み用の特殊車両への改造なども自社で行います。

 

例えば、車体に穴を開けてカメラやCCDの装着孔を作り、カーナビに偽装したモニターにケーブルを引くなどです。

 

こんなことをしている探偵社もおそらくハライチだけです。

 

複数の特殊車両が必要に応じて、ここ埼玉本社から全国に出動していきます。

 

原一探偵 基本料金50%OFFはコチラ


側面から見るとさらに本格的な工場

 

2018年2月16日(金)の5回目の取材の際に、この工場で作った最新の機材2種を見せてもらいました。

 

遠隔監視車両ピザ配達バイク風カメラ内蔵車です。

 

そのついでに、工場の中と外を改めて見せてもらいました。

 

本社での取材は3回目で、工場を見るのは2回目です。

 

自動車整備工場内のようす

【自動車整備工場内のようす】

 

前回は入り口からのぞいただけでしたが、こうして中まで入ってみると、工場の本格さがよくわかります。

 

次に本社ビルわきの入り口ではなく、横から見た写真を撮ってみました。

 

整備工場の正面(外装塗装変更後)

【整備工場の正面(外装塗装変更後)】

 

国道側から見るとグレーの本社ビルの横奥に小さな工場がある印象です。

 

しかし、側道に入って横から見ると、かなり大きな工場であることがわかります。

 

というか、工場にとってはこちらが正面です。

 

が・・・・何か違和感を感じました。

 

見たことがない風景、という感じ。

 

そこで調査員から外装の塗装色が変わったせいでは?と示唆されました。

 

そうです!

 

以前は淡い黄緑だったのが、濃いオレンジに変わっています。

 

ともかく、原一はこんな本格的な工場を自社敷地内に持って、一般人の車の整備とともに、特殊な調査車両の改造も行っているのです。

 

原一探偵 基本料金50%OFFはコチラ